BLOG

継続メニューに予約が入らない時に見直したい!5つのポイント

「体験や単発レッスンへのお申し込みは入るのに、コースレッスンや資格講座がなかなか売れない!!」そんなお悩みはありませんか?^^

教室運営を安定させるためにも、その日限りのレッスンだけでなく、継続的に通ってくれる生徒さんを増やしてコースレッスンや資格講座のお申し込みが入るようになったら嬉しいですよね。単発はご予約が入るのに継続メニューは一向に動きがない…そんな時には、次の5つのポイントを見直してみてください。

1.生徒さんが必要としている内容になっているか

そもそも、その継続メニューの内容を生徒さんが必要としているかどうか。まずは、これを見直してみてください。普段のレッスン中のコミュニケーションから生徒さんの悩みや要望にしっかりと耳を傾けて、何を必要としているのかを把握しましょう♡

コミュニケーションの中で自然と聞くのが難しい場合は、

  • 他にやってみたいことはありますか?
  • 上手になったらどんな風に技術を活かしたいですか?
  • お家でやってみて、難しいと感じることはありますか?
  • 習ってみたことで、何か困っていることはありますか?

こんな質問をしてみてください^^メールやLINEでのやりとりの中で聞くのもいいですし、生徒さん向けに一斉アンケートのような形でヒアリングしてみるのも良いです。

2.継続メニューを受けるメリットを、自信を持って伝えられるか

単発レッスンと継続メニュー。生徒さんにとって、どちらにどんなメニューがあるのかをはっきりと伝えられるようにしましょう!「この継続メニューなら単発で通い続けるのと同じですよね?」と思われてしまっては、やはり継続へのご予約は入りにくくなってしまいます。

継続メニューでしか得られない理想の未来をしっかりと提案し、それが生徒さんが望んでいる未来であれば、きっと喜んで受講してくれるはずです♡

3.自分で「この内容でこの金額なら安い!」と思えるか

次に、内容と価格のバランスを考えた時に、あなた自身が「この内容でこの金額なら安い!!」と思えるかどうかです^^

売り手が「高いよね…」と感じていれば、心からおすすめして販売することはできませんよね。でも、「こんなに充実した内容なら、生徒さんも安いって思ってくれそう♡」と確信できれば、必要な人にきちんと届けられるようになりますよ。

4.どんな人におすすめの商品なのか、言葉で言えるか

継続メニューがどんな人におすすめの商品なのかを言葉で表現できているか、というのも大切なポイントです。ビジネスというのは、

  1. 悩みを解決する
  2. 理想を叶える

このどちらか、もしくは両方のお手伝いをすることでお客さまに喜んでいただけます^^

どんな悩みを解決したい人におすすめなのか、どんな理想を叶えたい人のための商品なのか。それを言葉で表現できているかどうかはとても重要ですので、しっかりと見直してみてください。

例えば、「家庭料理のコースレッスン」ではなく「晩ごはん作りが30分で完結♡時短家庭料理コースレッスン」とすれば、忙しくて晩ご飯作りに時間をかけられないという悩みを解決してくれる料理コースだということが伝わります。

5.この人にぴったりだ!と思う生徒さんに提案ができているか

さらに「この生徒さんは、この継続メニューがぴったりだな^^」と感じた時に、きちんとレッスンの提案ができているかどうか。これが、最重要ポイントです!!

レッスン中にしっかりと生徒さんのお悩みや希望を聞き、必要な人に必要なメニューを提案する。

これは、売り込みではありません^^必要ない人に無理に売ろうとするのは売り込みになってしまいますが、私たちは、必要な人に必要なメニューを提案するだけなのです♡(困っている人を助けるのと同じ感覚です)

継続プロデュースのクライアントさん達も、この感覚がマスターできると、バンバン資格講座やディプロマコースにお申し込みが入るようになります。

最後に…

単発メニューに生徒さんが来てくれるのであれば、継続コースや資格講座にもお申し込みは入ります。ですが、自分自身で「売り込みだと思われたくない」「高いって思われるかな」「価格的に主婦さんには出せない金額だと思う」と思っていると、なかなかご予約いただけなかったりします( ;  ; )

まずは、1〜5のポイントの中でできるところから見直して、あなたの継続メニューもちゃんと生徒さんに喜ばれる商品なんだという自信を少しずつつけていきましょう♡そして、誰かの役に立てるメニューなのであれば、ぜひたくさんの生徒さんに届けてあげてくださいね!

 

教室プロデューサー 高橋悦子

関連記事

  1. ブログで自分に合ったお客さまに出会う方法
  2. レッスンには生徒さんが喜ぶ◯◯をつけよう!
  3. 集客のコツ
  4. 大事なのは自分軸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP