BLOG

自宅教室で月商30万円を叶えている講師さんの共通点

「自宅教室」というと、お小遣い稼ぎ程度しかできないのでは…と思われがちなのですが、私の周りには経済的に自立して、月に20万円・30万円売り上げている女性も多いです♡

※「経済的に自立して=扶養を抜けて」ということです。

いくら好きなことの教室でも、売上にならないボランティア状態では続けられなくなってしまいますよね。自宅教室で月商30万円を叶えている講師さんの共通点を知り、ぜひあなたの教室にも活かしてみてください。子育て中のママでも、経済的に自立して自信を持って働くことは可能ですよ^^

経済的に自立している講師さんたちの共通点

私の周りにいる、月に20万円・30万円、それ以上稼げている教室講師さんやサロンオーナーさんには共通点があります。それは、

  1. 5万円〜20万円程度の中高価格帯商品を持っている
  2. それがオリジナル商品である

です^^

主婦や子育てママが、自宅で働くスタイルでOL時代と同じぐらいの収入を得るためには、メニュー構成価格設定が非常に重要になってきます!まだ開業前の方は「私の教室で、習い事に数万円も使ってくれるとは思えない!」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

今は働く女性が多い時代なので、自分の収入を自分の趣味や自分磨きに使いたい!と感じている人も多いですし、SNSでライフスタイルを表現したい女性は、習い事や趣味などの好きなことにお金と時間を投資したいと思っているのです♡

必要とされる商品を作り、それを必要としている人たちに届けることができれば、個人でやっている自宅教室の商品でも喜んで購入してもらうことができますよ。

数千円のレッスンだけでは、忙しいわりに利益にならない

「習い事」というと、月に数千円程度の価格で毎月通うことをイメージしますよね^^でも、それはあくまで「習い事」だからそのような価格になるのです。ですが、例えば5000円のレッスンで月商30万円作るにはひと月に60名の生徒さんに通ってもらわなければいけません。自宅教室であれば、一度にレッスンできる生徒さんの人数も限られるでしょうし、毎月60人の予約調整・技術的フォロー・顧客情報の管理・毎日のレッスンレポ・ご感想掲載…大変になりそうなのは、目に見えていますね^^;

5万円〜20万円ぐらいの商品があると、そこまで人数を集めなくても良くなります!

でも、習い事で20万円の商品って??

image

中高価格帯の商品を作るには、習い事プラス@の価値が必須になってきます♡

『技術を学ぶことでこんな未来になる』という価値。

例えば、

  • 継続的な講座で体系的に学び、資格が取れる
  • 習ったことを人に教えられるようになる
  • 制作だけでなく、デザイン・販売まできるようになる

とかですね^^(他にもいっぱいあるでしょうけど)

「ただ趣味の習い事」「気分転換になる習い事」ではなく、それ以上の価値を見出すことができれば、売上に繋がる価格帯の商品で生徒さんに喜んでいただくことができるようになります!

オリジナル商品を持つメリット

また、オリジナル商品を持つことも、売上を上げていきたい講師さんにはおすすめ!

資格を活かして開業する場合、協会に所属して活動する方も多いと思います。協会に所属することは決して悪いことではありませんが、あなたが一番目玉として売りたい商品は「オリジナル商品」である方が良いです♡

協会の認定講座などでも、もちろん売上を作ることはできます!しかし、協会の商品は、生徒さんに合わせて講座内容を自分でリニューアルしたり、必要なフォローサービスを追加したり…という商品のアップデートを自由にすることができません( ;  ; )

商品は、アップデートして、より良く育てていくものです。

あなたの生徒さんに喜ばれる方法でレッスンが提供できるように、ある程度自由度が必要ということです。それに、オリジナル商品を持つことはブランディング強化にもなり、選ばれやすくもなりますよ!

最後に…

私自身、アイシングクッキー教室を開いたばかりの頃は、数万円程度の売上が続いていました。もちろん、それでも嬉しかったです♡ですが、新しい技術を学んだり、教室を発展させたり、自分の好きなことにもお金を使うためには、もう少し欲しいなーと感じていたのも正直な気持ち。これは、みなさん一緒かなと思います^^

教室を長く続けるためにも、理想の売上が叶えられるといいですよね!ぜひ、自宅教室で経済的に自立して働くヒントにしていただければと思います。

 

教室プロデューサー 高橋悦子

 


各メニュー募集の最新情報や、高橋悦子の日常・クライアントさんの成功事例のシェアなどは、無料公式メルマガでお受け取りください♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP