BLOG

質問

【質問】認定講座の募集をしたけど、予約ゼロ…こんな時、どうする?

クライアントさんからの質問ですが、「募集したけれど反応がなかった」ということって、少なくありません。
こんな時の考え方や対処方法をお伝えしますね^^


こんな時、あなたならどうする?


 

「認定講座の募集をしたけど、ご予約ゼロでした・・・( ;  ; )悦子先生なら、こんな時どうしますか?」

というご質問をいただきました。

勇気を出して募集かけたのに、反応やお申し込みがないと落ち込んでしまいますよね。

image

私も同じように、認定講座の募集をしてお一人もご予約がなかった経験があるので

「もうみんな興味ないのかな?」
「このまま上手くいかいないのかな?」

と不安になる気持ち、すっごく分かります。


募集の仕方や見せ方を変える方法


 

私の場合ですが、なかなかお申し込みいただけない時も、何度も何度も募集の仕方や見せ方を変えて、募集し続けました♡
今までのやり方でお申し込みが入らなかったのであれば、何かを変えてみる必要があります。


例えば、

●どんな人に向けて記事を書くのか、ターゲットを変える

●受講のメリットを違う切り口にする

●受講ペースを変える

●今受けるべき理由を書く

●卒業生の声を追記する

●卒業生を紹介して、未来をイメージしてもらう

●認定講座のみの商品ページをブログ外に作る

●協会のサイトに載せてもらう

など。

意外と、やれることはたくさんあるかもしれません♡

そもそも、募集記事を見てくれる人の絶対数が足りているか・・・というのも、チェックが必要ですね。

アイシングクッキー講師時代の卒業生さん達♡5年ぐらい前の写真です!↓

image

上手くいくまで諦めない


 

落ち込んじゃう気持ちも分かるので、そんな時はちょっとだけ落ち込みましょう。笑

「う〜予約ゼロだった( ;  ; )」と少し落ち込んだら、「さぁ次はどうしようかな?」と今できることを考えるんです!

大切なのは、上手くいくまで諦めないこと♡


途中でやめてしまったら、そこで終わってしまいますが、上手くいくまでやり続ければ「上手くいかなかった」ということにはなりません。

そして、認定講座を誰のために、何のために開講するのかを、改めて冷静に考えてみるのもおすすめです^^


まとめ


 

落ち込むだけ落ち込んだら、「じゃあ今できることって他にはないかな?」って考えてみましょう^^
そして、【この講座を開催する目的】ももう一度見つめ直してみましょう。
あらゆる角度から考えてみると、新たに見えてくるがあるかもしれません。

都会じゃなくても自宅でおしゃれに働ける♡

教室プロデューサー
高橋悦子


公式メルマガ読者1200人【高橋悦子の無料公式メルマガ】
楽しみながら、好きなことをしてお家で働くヒントをお届けしています♡
ぜひご登録ください♡

関連記事

  1. 集客の定義
  2. 対談第一弾
  3. 対談第一弾
  4. お気に入りの小物たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP