BLOG

効率的

お客様からのLINEに効率的に返信する方法

個人で仕事をしていると、いろいろとすべて自分でやらなければなりません。
そんな中、クライアントさんへのメッセージの返信や、SNSの投稿等、どのタイミングでしたらいいんだろう?と悩むことってありませんか?
SNSとの付き合い方も含めて、私が実際にやっていていいなと思っている方法や考え方をお伝えしますね^^


いつのタイミングでLINEの返信はしている?


 


月曜日の午前中に、大体私は、クライアントさん達からのLINE返信をしています♡


継続プロデュースのクライアントさん達には、週末に変化の報告をお願いしているので、それをまとめてダダダッ!と返信する^^

そんなイメージです。

悦子さん

もちろん、いい報告もあれば悩んでいる相談の時もあります。

でも、誰かと定期的に連絡が取れて、思考・行動が止まってしまう時にはアドバイスがもらえる。

この環境に身を置くだけで、みなさん自分のペースで成長できてるんです♡

●お客さまからの問い合わせLINE
●生徒さんからの作れぽLINE
●クライアントからのご相談LINE

いろんな場面でLINEを活用している講師さんは多いですよね!

私も、月曜日のLINEは30件ぐらいあります^^

高菱悦子

どのくらいの数なのか?
もそうだけれど、
どのような内容なのか?
がかなりポイントだと思っていて、軽く返すようなものではないことがほとんどだと思うのです。(お仕事で本気の物ばかりですからね^^)


なので、片手間にチャチャッと、とはいかないんですね^^


 わたし流「お客さまからのLINEを効率的に返信する方法」


 

・LINE返信の時間を作ってまとめて返信する
・すぐ返信しなくちゃ!と焦らない
・隙間時間でやろうとしない

 です♡ 


もちろん、隙間時間でチャチャっとやるのも悪くないのですが、ゆっくり相手のことを考えて返信できる余裕がないと、結局言葉足らずになったり、既読にしたまま返信を忘れる…ということになりかねません( ;  ; )


私も絶対ないとは言い切れませんが。笑


LINEが来てすぐスマホ開いて…

またLINEが来てすぐスマホ開いて…


これを繰り返していたら、他の仕事が一向に進まないですし、集中できるわけがないのです^^;


SNS時間、決めていますか?


 

これはSNSを覗く頻度も同じことです!


あと、私の場合。クライアントの発信状況を見たかったりもするので、ゆっくりパソコンも開ける環境で返信した方が、結局効率的だったりします♡

手帳
Processed with VSCO with f2 preset

そのため、普段は(隙間時間で余裕があれば別ですが)きちんと相手のことを思って返信できる時間にまとめて返すというのが私のスタイルです!


時々、返事をお待たせしちゃうこともあるけど…


「ちゃんと的確な返事をもらえて嬉しいです♡」と言ってもらえることが多いので、私はこれでいいと思っています^^  


すぐ返さなきゃ!と思う人の心理


 

「すぐ返さなくちゃ!」って思う人は、自分自身が即返信を好む人だったりします。

自分がして欲しいと思うからこそ、相手にも求めてしまいがちなのはよくある心理ではありますね。


でも、普通に考えて、お店や企業への問い合わせメールとかってすぐには返ってこないですよね。


教室やサロンって一人事業なので、一般的に考えていつでもすぐ返せるわけないと思いませんか?


 急ぎ足だと疲れますし、大切なことを見逃してしまいがちになります。


もっと本質的なものを大切にしよう♡  


 

お客さまからのLINEに追われていて、事業全体を見たときに効率的にこないしたい方は、急いで隙間時間に済ませるのではなく、きちんと返信の時間を取る方が結局効率的だったりします^^


自分がなぜ【早く返さなきゃ】と感じているのか。


その気持ちの裏にある気持ちを考えてみると、また違った感じ方になるかもしれません^^


疲れてしまわないためにも、ご機嫌で進んでいくためにも、【心を込めてできるのはどの方法かな?】を自分に問いながら自分のスタイルを見つけていくといいかもしれません。


まとめ


 

「◯◯しなきゃ」の気持ちの裏側には何があるのか?この視点を持つことで、いつもとは違った見方ができたり見え方がするかもしれませんね^^

【心を込めて返信する時間を計画的に意識してとる。】

結果、相手にも心が伝わるものなのだと感じています^^


自宅でおしゃれに働く♡
教室プロデュース
funcrea(ファンクレア)代表 高橋悦子


公式メルマガ読者1200人【高橋悦子の無料公式メルマガ】
楽しみながら、好きなことをしてお家で働くヒントをお届けしています♡
ぜひご登録ください♡

関連記事

  1. 発信スタイル
  2. 高橋悦子
  3. 集客のコツ
  4. メニューは一つに絞るべき?
  5. キッカケ
  6. アイキャッチ2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP